ハイランスのゲームブック日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗黒城の魔術師 第1回

  作成日時 : 2008/12/21 12:25   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

私の名前はピップ
魔術師アンサロムに誘拐されたギネヴィア王妃を助けるため
暗黒城に挑むことになった。

・・・状況証拠だけで、カチコミかけて良いのかは知らんが(笑)
旅に出ることにした。

生命点
1,5 (振りなおし)
2,4 (振りなおし)
5,4 →9×4=36点

オープニングで市場で親父の帰りを待っていると、
意地悪ジェイクと喧嘩をすることになった。
相変わらずジャイアンな奴だ。

イニシアチブ
ピップ:2
ジェイク:6
踏み込みは悪くないな、ジェイク?

ジェイク:1,2
ピップ:4,4 (鼻っ面パンチオプション) 2点
ジェイク:3,5 (生36→34)
ピップ:2,5 (鼻っ面パンチオプション) 
ジェイク:1,3
ピップ:4,5 (鼻っ面パンチオプション) 4点
ジェイク:4,5
ピップ:5,6 (鼻っ面パンチオプション) 8点

合計14点のダメージを叩き込んでジェイクを粉砕!
口ほどにも無い野郎だ。
(( ´∀`)=○)`ω゜)・;'.、


マーリンの魔法でながながと事前説明を賜り、
暗黒城目指して出発した。

分かれ道があるが・・・根拠も無いので右(9)へ

うお、巨大な狼だ。
挿絵を見るに、微妙に目が据わってるな(笑)
サンドイッチの描写があるから、餌付けをしてみよう(23)

・・・ぐは、あさはかな選択だったのか(笑)

ナウシカへの道は遠いな。
「やさしい狼さん・・・かわいい狼さん・・・綺麗な狼さん・・・善良な狼さん・・・」
と言うと良い、と書いてるので、そう念じながらサンドイッチを差し出して
ダイスを振る・・・6!

サンドイッチの肉をだべて、手は舐められただけで済んだ。
(( ;゚Д゚))ブルブル

更に分かれ道があるので、右(10)に行こうとすると・・・
ワインがどうたらこうたら?誤植か。
仕方ないので左(17)に行くと暗黒城に到着。


さぁ、行くか!と思ったらいきなり扉が閉まり始めた!
・・・ここはトラップだろう、と思って慎重に進んでみた。
やはり油か。定石の一手だな。

城の中庭に入った(32)
北に見える扉と東の荷車、西の城壁、庭のニワトリの選択肢が。

まずは荷車を調べてみる(19)が・・・ワインとリンゴ酒か。
やばそうだし、後回し。

城壁の階段を上ってみた(157)ら
うぉ、スリクリーンアーチャーだ!(笑)
カマキリ人間の兵士が数百体もいるのかよ!気づかねぇのかよ!
Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

生き残れるかダイスを振って・・・4,4
生命点が10点減っただけで逃げきった(生36→26)

中庭に戻ったので、今度はニワトリと戯れてみよう(41)

・・・って、これも殺人ニワトリか!なんじゃそりゃ!
Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

生き残れるかダイスを振って・・・2,6
生命点が半分になって逃げきった(生26→13)

寄り道したらいきなりぼろぼろだ(笑)
仕方ないので、北への扉に進んでみる(16)が

「落とし穴だ!」

生命点が5点減った。(生13→8)

これはさすがにやってられん。
薬を使うという手もあるが、ルール確認も踏まえて一回眠ってみよう。
オヤスミナサイ(つд・) ミ☆

ダイスを振ると。。。1 夢時間へGo!
夢時間イベントは3,4で7
マーリンの魔法が暴走し、君はセロリになって山羊に食われる。
生命点が5点減った。(生8→3)

更に死に掛けて目が覚めた・・・ぐは。
最初っからこうすりゃ良かった、と薬を2包みがぶ飲み。
5,5 1,6 合計17点回復 (生3→20)

これで何とか進めるか、と思って更に前進してみる(53)

また落とし穴かーーーー
今度は槍つきかよ!

ダイスを振って・・・2,6
「生命点を20点減らす」
ぴったり0で死亡(14)
あと薬を1包み飲んでおけばよかった。

モンスターを倒してないが、トラップの位置は分かった。
次のピップに期待だ!








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暗黒城の魔術師 第1回 ハイランスのゲームブック日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる